奇跡の木「モリンガ」の植林を開始

環境省の5月20日の報道資料によりますと温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」が観測した地球全体の大気中の二酸化炭素の月平均濃度の測定によりますと12月に初めて400ppmを超えたと伝えています。

観測を始めた2009年には385.2ppmだったのが、毎年2ppmづつ上昇している。さまざまな国際会議で対策が話し合われて目標設定がされているが、世界規模での対策がほとんど進んでいないままに大気中の濃度が上がっている。

本当に危機的な状況です。その対策の一つとして「奇跡の木」とも呼ばれ、杉の20倍ほど成長するとされている「モリンガ」を空いている土地に大量に植林して、CO2を吸収してもらうための植林を昨年の1月から実施しています。

今年4月にもチークの植林地の間に植林しました。驚くほどの成長をして大きく期待できる樹種だと考えています。

PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera

2015年度植林地インフォメーション発行

例年購入者の皆様に発行させて頂いています植林地インフォメーションができました。現在、植林の商品=双樹、希樹、樹林に参加していただいています皆様に発送させて頂いおります。

昨年もエルニーニョの来襲により7月から2016年4月までほとんど雨が降らない状況がつづきました。このためにカリマンタンやスマトラで大規模の森林火災が発生して大きな被害が発生しました。

煙が国内はもとよりシンガポールやマレーシアまで拡散して、呼吸器障害など煙害がひろがり国際的な問題になっております。

チークの育林のためには、下草刈りはもとより肥料の施用の工夫を重ねております。

今年のトピックスとしましては、成長がすぐれた「セゴン」の植林を昨年来取り組んでおりますが、継続して植林の拡大を進めており4年後の伐採収入を目指しております。

また、チークの植林木の間にその成長性の良さと葉っぱや種子の栄養成分が極めて有効なことから「奇跡の木」と呼ばれている樹種「モリンガ」の植林を始めました。

バイオエネルギーとして有望な「ポンガミア」の植林も2014年12月から数回に分けて植林を行っています。4年後の「実」の収穫を目指して育林しております。

※ご希望の方には郵送させていただきます。メールにてお届け先を記載の上お申し込みください。

2015インホメーション-0001

自然のチカラ、驚く健康効果ABPS!!新発売

好評発売中の国産の姫マツタケ(学名アガリクスブラゼイムリル)の茸を細胞破砕したパウダー、抽出エキスを原材料にして、さらにフラボノイドによる驚くべき抗酸化効果がある「グレープシード」とを配合した製品を発売することになりました。
ABPS

ヒメマツタケ多糖体顆粒ABPS
3gスティック×45包入

国産のヒメマツタケの子実体より抽出された「ABPS」=アガリクス・ブラゼイ・ポリサッカライドを使用した製品です。本品のもうひとつの特徴は「ABPS]を最大限に利用するためにヒメマツタケ子実体の細胞壁破砕パウダーとヒメマツタケ抽出エキスそしてブドウ種子抽出エキスを配合した独特の製品です。
細胞璧の破砕により有効成分をより確実に抽出利用できる優れた商品です。
ブドウ種子抽出エキスにはプロアントシアジニンが含まれていて、ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍の抗酸化力があるといわれています。

お求めは:

内容量135g 1箱http://www.vivogreenlife.com/#!product-page/c24hj/2962f550-2ed9-339f-b54f-aa53c100507d総重量220g 箱サイズW115×H125×L75mm

abps_sグリーンサポート画像

燃えない合板~国土交通大臣認定~の顧問に

熊本地震で甚大な被害を受けた熊本県益城町に研究室と工場のある株式会社NICHIOが製造する「燃えない合板」=不燃構造用合板の販売のお手伝いをさせていただくことになりました。

この製品は国土交通大臣認定を取得している唯一の製品です。災害の多発する時代には不可欠な優れた建材です。火災から大切な生命と建物を守ることのできる合板です。

すでに火事があってはならないさまさまな公共施設で使用されております。火災被害から生命や建物を守ることのできる建物を供給することを目指す事業者の皆さんにぜひとも活用していただきたい製品です。お問合せ:090-6471-9916(宮崎)

不燃合板-0001

※益城町を襲った今回の地震から奇跡的に守られた工場から お届けします。

オランウータンの森~山火事被害地の再生植林

昨年のインドネシアのカリマンタンとスマトラの山火事は、全体で200万haあまり被害にあったといわれています。被害の中心は中から南カリマンタンとスマトラ島でしたが、弊社も支援している東カリマンタン州のサンボジャ地区にありますオランウータンリハビリセンターも周辺農民の焼畑の類焼で約300ha被害を受けました。

消火活動の様子や被害を受けている状況はネットで伝えられていて、心配をしていました。オランウータンへの被害は中カリマンタンのナユルメンテンリハビリセンターでは呼吸器官系の被害を受けました。

東カリマンタンのサンボジャではは、周辺林の火災被害を受けました。このために1月に現地を訪問しオランウータンの森再生植林の支援を実行してきました。今後継続して支援を行ってゆきたいと考えています。

PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera