今なぜ、みんなで地球に植林か?

今なぜ、地球規模の植林が必要か?

地球温暖化は100年に一度どころではない「人類の歴史始まって以来の危機」です。
地球は無くなりませんが、人類生存の危機なのです。

対策を今、すぐ、地球規模で行動をとらなければ、こんな事になります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「2030年、今日生まれた子供が中学校に通う頃
大陸部では水不足が深刻化し、沿岸部では洪水が続発する。

その子がハタチを過ぎる頃
海面上昇によって多くの人が難民化する。

やがて、その子の子供の時代には
地球の気候のゆらぎが一層激しさを増し、
気候帯の移動によって生態系が変わり

多くの人の暮らしが奪われ、難民があふれてしまう。」
地球上には○億人が生存するのみ。。。。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このような事態にならないために、今、私たちがなすべきことは、
39億haあまりに減少した「森林の保護と再生」を急ぐ必要があります。

地球温暖化による「気侯変動」や生態系や健康への脅威に対応できるのは
豊かな森林だけです。

ですから、地球規模の植林による森林再生だけです。
地球温暖化は、地球生命そのもの、人類文明崩壊とあらゆる生命の生存の危機

温暖化と聞くとなんだか柔らかなイメージで、気候が暖かくなるようなイメージを感じておられる皆さんが多いのではないでしょうか?

イメージとはかけ離れた大変厳しい環境異変だという認識をもって
次世代の子供たちの環境を守る活動を始めませんか?

皆さんがテレビや新聞の報道で聞く「IPCCの報告書」が世界に地球温暖化の警告を発表して、その情報がマスコミで発信されています。

IPCCとは、気候変動に関する政府間パネル (Intergovernmental Panel on Climate Change)です。
地球温暖化とは、人類の生命に大きな被害を及ぼすほどの大きな気候の異変です。

「人類の生命にかかわるほどの地球の気候変動」、ですから、あなたやあなたのご家族の生死にもかかわるほど重要な問題なのです。」

地球温暖化による気候変動は、わたしたち現代文明のなかの生活の安全・安心・平和を根本から脅かし、人類生存の危機を招きます。

すでに、地球全体では10億人を越えるたくさんの人が飢餓や飢えや水不足に苦しんでおられます。
気候変動が頻発すれば、直ぐに「水」や「食糧」不足が地球規模で起こります。
そのとき日本人も他の先進諸国も多大な影響を受ける事になります。

地球温暖化の原因は、わたしたち自身の社会経済活動、日常生活が原因で起こっています。
今、地球上で起こっている環境の劣化に関する科学的な観測事実は、明らかに「現代文明の崩壊の危機」に直面していることを示しています。

すべての分野の人々が、この現実を直視することが一番求められています。そして、物事の価値観を経済優先から「自然との共生」の価値観に転換を!!気候変動イメージ

植林はすべて同じではない?

あなたの日常生活で、「きれいな空気」と
「きれいな水」を必要としているだけではなく

あなたが意識しなくても知らず知らずに
さまざまな形で自然の生態系の影響を受けています。

野生生物の生息地が壊されるということは、
私たち人間に新たな病気が感染する恐れがあります。

現実に鳥インフルエンザやSARSやコロナウイルス
感染症や高い致死率のエボラウイルスの感染などが
広がっています。

マラリヤを媒介する蚊やライム病を媒介するダニなど
媒介する生物の活動域が人間の活動域の拡大で
狭められて、人間に感染する確率がどんどん
高まっています。

世界中では紛争や戦争状態がありますが、それを
上回る感染症の拡大が懸念されます。

すべては、人間も「動物」の一種で地球環境を
かたちづくる存在だあることを忘れたことに
あります。

あなた自身も自然界の一員でなくなれば地球上に
存在できないということを思い起こして、
環境保全に役立つ行動を積極的にはじめないと

子供や孫に明るい未来は永遠にやってこない
のです。

時は金なりということわざがありますが
この時を無駄にして生き続ければ、
生存のチャンスが失われてしまいます。

私たちは、地球環境に最も影響の大きい
熱帯雨林地域の保護と再生のために植林に
取り組んでいます。

日本に近いアジアの熱帯雨林を保護再生して
次世代に残すことが生命の持続を守るために
不可欠です。

植林はすべて大切ですが、その価値はすべて同じではない。IMG_1269

テストブログ2テストブログ2テストブログ2

テストブログ2テストブログ2テストブログ2テストブログ2テストブログ2

テストブログ2テストブログ2テストブログ2テストブログ2テストブログ2テストブログ2
テストブログ2テストブログ2テストブログ2テストブログ2テストブログ2テストブログ2

テストブログ2テストブログ2テストブログ2テストブログ2テストブログ2