地球環境を守る=奇跡の樹~モリンガを植える

最近耳にするようになった「モリンガ」は、日本では「西洋わさびの木」といわれていて、「ワサビノキ科モリンガ属」の樹木です。世界最古の伝統医学「アユルヴェーダ」でも様々に活用されてきています。葉は野菜のように食用にしたり、お茶に加工したり、粉末や錠剤にしたりして食品として活用されています。

様々な有効な成分がバランスよく入っていて開発途上国では乳幼児の母乳代わりにも使われています。国連のWHOでも「緑のミルク」として慢性的に栄養不足に悩む開発途上国での植樹を推奨しています。

莢状の実を付けますが、インドネシアの方にお聞きしたところとても「おいしい」そうです。そして、また、種やオイルに含まれるタンパク質には、大気汚染物質を引き寄せて固める働きがあります。この働きによって、水質浄化にも使われています。種の油脂成分は化粧品やシャンプーの原料にも使われています。

そのうえ、一般の植物に比べて成長が早く20倍近くの二酸化炭素を吸収する働きがあります。ですから、増え続ける二酸化炭素を吸収してくれ、地球温暖化防止ににも大きな貢献が期待されていて、「奇跡の木」なのです。

モリンガは、マメ科の植物で荒れた乾燥地帯や過酷な環境でも育つ植物のため、環境保全を目的に世界各地で植林活動が行われています。

わたしたち人間の呼吸で排出する二酸化炭素は、年間約320kgです。一般のたとえば杉の木であれば植林から10年以上の木が約23本必要になりますが、モリンガは植林から2年以上の木が2本ですみます。

地球温暖化が日々進行して、世界各地で気象災害が発生して危機的に状況にある「地球」のあちこちにモリンガの植林を進めることでCO2の吸収や大気の浄化、土壌の保全などが低コストで進められます。しかも、多くの住民参加ができるまさにミラクルツリーです。

危機的な状況の地球環境保全のためのモリンガの植林をこれから一層進めて行きたいと願っています。そのうえ温暖化による気候変動で懸念される食糧不足にも対応できる素晴らしい樹種との出会いに感謝です。

PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera

日本は幸福度53位 一位、デンマーク

現在の経済優先の日本社会では産業の大切さについて、GDP(国民総生産)の大きさという「モノサシ」だけで判断される。このモノサシだけでみると平成26年度の農林水産省の統計によれば、国民総生産が486兆9388億円に対して、林業のGDPはわずか1800億円で0.037%である。この規模の市場を調べると「釣り具市場」が1800億円になっている。

この経済優先のモノサシの評価がすべての社会では、「林業や植林」については遠い存在になる。しかし、この評価は経済のモノサシで測れることしか含まれていない「外部経済」といわれる経済的な価値が評価されていない部分が含まれていないのである。
森林の機能には、①表面浸蝕を防止する機能、②生命維持に不可欠な水質浄化や水資源貯留機能、③表層崩壊防止、④洪水緩和、⑤保健レクリエーション、⑥二酸化炭素吸収など定量評価ができる部分だけでも70兆円を超えるとされている。(林野庁)
これらは一般経済の外にあるので、私たちは自分の財布が痛むわけではなく、あまり意識せずに過ごし、森林を過小評価した社会で生きていられたのである。

地球温暖化対策としての森林のこと

以下Vpoint記事をご覧くださいくhttp://vpoint.jp/column/62441.html

人類の未来をあきらめないために

「人類の未来の平和な生存」を諦めないために
植林による森づくりに地球市民みんなが参加することが必要です!

次世代もその次の世代もずーと人間が地球上で生存し続けるためには、
「自然の法則」に従った
持続可能な地球文明社会に変えて行くことが不可欠です。

持続可能な社会経済の中では「自然」の位置づけが極めて重要です。

人間の生存・生計の基盤は「森林」を中心にした「自然」になってきます。

「酸素」や「水」や「空気」だけではなく、
あらゆる原材料物質、エネルギーは森林から持続可能な形で供給されます。

ですから、ごく近い未来を俯瞰して、海外依存度の高い日本は、

社会生活の中でも外国との協業が不可欠です。

植林の分野でも土地の余裕がある国々と共同して植林実行し、
資源の確保を積極的に推進することが不可欠です。

そのためのお金と人の流れがスムーズに行く社会体制作りがもとめられています。

古代の全ての文明は「森」の消滅と共に滅んでいます。

昔はある地域の文明でしたから、

別な森のある地域に移動すれば良かったのですが、

今度は地球全体の文明ですから、大変なのです。

次世代の子供たちのために「植林」による森林の拡大を!!

森の面積で生存できる地球の収容人口が決まります!
DSCN0637DSC00619

温暖化を止めるためには80%以上削減する必要

私達たち人間がスピードと快適さ、経済最優先の価値観で作り上げてきた社会は
地球環境に大きな負荷をかけ続けています。

温暖化を止めるためにはCO₂を80%以上削減することが必要です。

①石油、石炭などの化石燃料を太陽光や風力、地熱などの自然エネルギー、そして
バイオマスエネルギーに転換すること

②消費エネルギーの量を減らすこと【削減と効率化】=ライフスタイルを変換

③森林の劣化を防ぎ、これ以上の森林の減少を止めるために植林をすること

森林破壊によるCO2排出量は地球全体の排出量の実に約25%にもなっているのです。
以上の3つが地球温暖化を回避する重要な方法としてあげられます。

繰り返しになりますが、①と③両方にかかわるのが、「森林」ですから、植林がとても重要なのです。

いくら現代科学が進んでも、私たち人間は、自然災害には無力ですから、未然に防ぐことが被害を最小に抑える一番の解決策です

2016年が引き返せないポイント「ティピングポイント」だといわれてきました。ですから、今すでに温暖化による気候変動時代になってしまっているようです。

風の吹き方や雨の降り方がこれまでのように安定した自然な形でなく、異常さを感じる状態になっていること感じていますか?

このような状況になって、人類がとれる対策は、災害が多発する前に「地球に感謝」の「木」をたくさん植え、私たちの安定した生活を守ってくれる森林を植林により拡大することが不可欠です。

PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera

植林はCO2削減し、気候変動に有効

植林はCO2削減にも有効で効果的です。
地球温暖化の原因物質CO2排出の一番の原因は、
石油や石炭などの化石燃料をエネルギー源として使うことにあります。

もう一方でCO2排出の原因の約25%は、熱帯雨林を中心にした「森林の劣化」と土地利用の変化による「森林の減少」があります。

この結果だけでも、地球温暖化の主原因のCO2の排出量の約20%に相当します。
この量は世界全体の運輸部門の排出量に匹敵する膨大な量です。

地球温暖化は地球温暖化は、世界の気象異変を招いています。
☆生物多様性の豊かな天然林は8,000年前の地球上の森林の三分の一に
☆世界の森林は1990年からの十年で9400万ha減少。
☆現在でも熱帯地方では加速度的に進んでおり、
1300万ヘクタール/年を超える勢いで消滅しています。
「いま、わずか1分間にサッカー場20面分の緑が地球上から消えています。」

※100m×100m=1haに少なめに見積もって、1,000本の樹木が育っていると
仮定しますと年間で200億本が地上から消えている事になります。

この本数以上を植林をしないと遠くないので早晩地球の森林は無くなります。

森林が無くなることは、CO2の吸収源が無くなるだけでなく、
排出源にもなり温暖化を加速します。

そして、森林本来の機能である水の循環や大気の循環、気候の安定、
酸素の供給や食糧を安定的に栽培するための土地の保全、

そして海の栄養供給にも多大な影響を与えてしまいます。

だから、森林の保全と植林による再生が人類生存の鍵を握っています。

1本1本を点で植林するというよりも大事なことは対象を面としてとらえて
生態系を再生するという取り組みが重要だといえます。

下の写真はNPOアジア植林友好協会(http://www.agfn.org)で行っているバリの植林地ですが、上は7年目下は2007年、溶岩だらけの不毛の台地が生態系豊かな森に生まれかわってきています

PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera

DSCN0979

適応策を急がないと取り返しがつかない

もう“適応策”を求める段階に!
10年前の2007年に発表された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第4次評価報告書のなかで、

二酸化炭素(CO2)などの温暖化効果ガス削減を中心とした温暖化の“緩和策”には限界があり、緩和策を行ったとしても気温の上昇は、今後数世紀は続くと伝えています。

「地球温暖化」というとCO2削減ばかりに目が向きがちですが、現在の国際的な話し合いの中で有効な合意を引き出すことはかなり困難だと予想されています。

ですから、時代はもはや温暖化に伴う様々な影響への“適応策”を求める段階に入ったと発表しています。

『なぜ気候変動が起こるのか。気候変動とはどういうものか?
気候変動の問題は、単に気温が上がっていくだけでなく、その過程で水や大気の全体の循環サイクルが変わり、 それによって災害や被害が増えることにある。

例えば、日本では年間の降水量に激しい変化が起こり、2050年代には干害によって米の収穫量が40%減少。
また、海面水域が1m上昇すれば海岸の低地に住む約410万人、特に東京・大阪・名古屋などの大都市に大きな影響が出る。

懸念されるのは海面上昇による沈下も大きな懸念材料ですが、高潮やサイクロンの被害だ。水災害そのものの強度は同じでも、海面水域の高低によって被害に大きな差が出るという点も懸念されています。

当然、高潮やサイクロン自体の強度や頻度が増すことも可能性としては大きい。
高潮・サイクロン・干ばつ……
現実化する様々な水災害

現在でも水資源に乏しい低地や島のような地域では、降水量が減少すればそのまま地下水の貯留量減少につながり、
河口域からは海面上昇によって海水が地下水に浸入し始める。

また、氷河の融解による雪崩と洪水は、近年、海面水位の上昇ペースが加速しており、予断が許されない。
すでに、ソロモン諸島や南太平洋の諸島では現実に水位の上昇で沈下して、住めない環境になって、キリバスなど国ごと移住する事態になっているなっている

それにより住むところを失った人々が、何億人という単位で難民になる可能性もはらんでいる。

「今後の変化の予想としては、土石流や都市洪水、氷河の急速な融解、河川の決壊、氷河湖の決壊洪水といった水災害は続く」

一方、陸地では少雨、干ばつにより大きな渇水被害も増えていることも見逃せない。

さらに大雨などが与える被害は農業や森林、水資源、人間の健康、工業、そして居住地と、多面的で幅広い。
「気候変動の影響によるリスクを削減するためには、やはり適応策が必要である」

「人類が今、何もしなければ、気候変動は深刻な影響をもたらし、未来像は非常に 恐ろしいものとなる。」竜巻

立ち枯れ

アフリカ 干ばつの被害

 

 

今なぜ、みんなで地球に植林か?

今なぜ、地球規模の植林が必要か?

地球温暖化は100年に一度どころではない「人類の歴史始まって以来の危機」です。
地球は無くなりませんが、人類生存の危機なのです。

対策を今、すぐ、地球規模で行動をとらなければ、こんな事になります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「2030年、今日生まれた子供が中学校に通う頃
大陸部では水不足が深刻化し、沿岸部では洪水が続発する。

その子がハタチを過ぎる頃
海面上昇によって多くの人が難民化する。

やがて、その子の子供の時代には
地球の気候のゆらぎが一層激しさを増し、
気候帯の移動によって生態系が変わり

多くの人の暮らしが奪われ、難民があふれてしまう。」
地球上には○億人が生存するのみ。。。。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このような事態にならないために、今、私たちがなすべきことは、
39億haあまりに減少した「森林の保護と再生」を急ぐ必要があります。

地球温暖化による「気侯変動」や生態系や健康への脅威に対応できるのは
豊かな森林だけです。

ですから、地球規模の植林による森林再生だけです。
地球温暖化は、地球生命そのもの、人類文明崩壊とあらゆる生命の生存の危機

温暖化と聞くとなんだか柔らかなイメージで、気候が暖かくなるようなイメージを感じておられる皆さんが多いのではないでしょうか?

イメージとはかけ離れた大変厳しい環境異変だという認識をもって
次世代の子供たちの環境を守る活動を始めませんか?

皆さんがテレビや新聞の報道で聞く「IPCCの報告書」が世界に地球温暖化の警告を発表して、その情報がマスコミで発信されています。

IPCCとは、気候変動に関する政府間パネル (Intergovernmental Panel on Climate Change)です。
地球温暖化とは、人類の生命に大きな被害を及ぼすほどの大きな気候の異変です。

「人類の生命にかかわるほどの地球の気候変動」、ですから、あなたやあなたのご家族の生死にもかかわるほど重要な問題なのです。」

地球温暖化による気候変動は、わたしたち現代文明のなかの生活の安全・安心・平和を根本から脅かし、人類生存の危機を招きます。

すでに、地球全体では10億人を越えるたくさんの人が飢餓や飢えや水不足に苦しんでおられます。
気候変動が頻発すれば、直ぐに「水」や「食糧」不足が地球規模で起こります。
そのとき日本人も他の先進諸国も多大な影響を受ける事になります。

地球温暖化の原因は、わたしたち自身の社会経済活動、日常生活が原因で起こっています。
今、地球上で起こっている環境の劣化に関する科学的な観測事実は、明らかに「現代文明の崩壊の危機」に直面していることを示しています。

すべての分野の人々が、この現実を直視することが一番求められています。そして、物事の価値観を経済優先から「自然との共生」の価値観に転換を!!気候変動イメージ

植林はすべて同じではない?

あなたの日常生活で、「きれいな空気」と
「きれいな水」を必要としているだけではなく

あなたが意識しなくても知らず知らずに
さまざまな形で自然の生態系の影響を受けています。

野生生物の生息地が壊されるということは、
私たち人間に新たな病気が感染する恐れがあります。

現実に鳥インフルエンザやSARSやコロナウイルス
感染症や高い致死率のエボラウイルスの感染などが
広がっています。

マラリヤを媒介する蚊やライム病を媒介するダニなど
媒介する生物の活動域が人間の活動域の拡大で
狭められて、人間に感染する確率がどんどん
高まっています。

世界中では紛争や戦争状態がありますが、それを
上回る感染症の拡大が懸念されます。

すべては、人間も「動物」の一種で地球環境を
かたちづくる存在だあることを忘れたことに
あります。

あなた自身も自然界の一員でなくなれば地球上に
存在できないということを思い起こして、
環境保全に役立つ行動を積極的にはじめないと

子供や孫に明るい未来は永遠にやってこない
のです。

時は金なりということわざがありますが
この時を無駄にして生き続ければ、
生存のチャンスが失われてしまいます。

私たちは、地球環境に最も影響の大きい
熱帯雨林地域の保護と再生のために植林に
取り組んでいます。

日本に近いアジアの熱帯雨林を保護再生して
次世代に残すことが生命の持続を守るために
不可欠です。

植林はすべて大切ですが、その価値はすべて同じではない。IMG_1269