未来への希望の木を植える④

オランウータンのリハビリセンターで昼食を頂いて車で1時間あまり移動し「生命の森づくり」の現場に移動しました。

この場所は2000年に初めて訪問した焼畑を繰り返し、最後は1997~8年の大きな山火事で被災し、自然が土砂の流出を防ぐために「アランアラン」というイネ科のススキのような草の繁茂した土地でした。位置的にはバリックパパン市からサマリンダ市に向かう道路の30kmのところです。

この道路は第二次世界大戦の終盤にバリックパパンを連合軍に攻撃されて日本軍がジャングルに敗走した道路でその道は当時「地獄街道」と呼ばれていたそうです。

※地獄街道の話=元海軍 川崎司郎さんの話より引用

1945(昭和20)年8月、ボルネオ島(現インドネシア)東岸のバリクパパン。海軍第21糧食生産隊の製糧士だった川崎志郎さん(88)=杵島郡白石町=は泥と汗にまみれながら、120キロ離れた街・サマリンダを目指し、密林の中を急いでいた。

 起伏が激しいうえ、雨期でぬかるんだ獣道を進む足取りは重かった。「腐臭がひどく、離れていても死体があるのが分かった」。機銃掃射を受けて絶命した兵士、川岸には水を求めて息絶えた人…。あちこちにウジのわいた死体が横たわっていた。

 疲れ切った仲間たちはマラリアや赤痢、かっけなどに冒されていた。いつ自分が同じ立場になってもおかしくなかった。「まさに死の行軍だった」

植林予定地として案内をされてこの地に立った時は、単に「アランアラン」の広大な草原でした。自然の息吹に満ちた熱帯雨林の面影もない想像を超えるような目の前の情景に「身震いを」覚えました。「木を伐り出す」という「人間の業」の罪深さを感じたからでしたが、その背景には第二次世界大戦の「死の行軍」敗走された軍人の皆さんの「無念」があったからではないかと感じるようになりました。

この土地でご縁を頂いて植林をさせていただくことに先人への感謝を感じながら取り組ませて頂いています。

「アランアラン」という草は世界最強の雑草とよばれ、根っこをびっしりとはびこらせるために他の植物を寄せ付けない強靭さがあります。人間がこの地で植林をするためにはこの草を如何に制御しながら植えた木を育てるかが大きな課題となりました。

それに加えて2004~5年ごろから気候変動の影響によるエルニーニョのたび重なる来襲のより雨の少ない時期が長くなり植林したチークの成長に大きな影響を与えました。そのためにその後も当初の予定の成長に及ばず緩やかな成長になっています。

手入れをしながら時の経過を待つしかないという状況になっています。この事態を打開するために空いている土地に早い成長性が期待できる「樹種」をこれまで植林していない土地に植林する試みにも取り組んでいます。

今回ツアー参加の皆さんに「奇跡の木」よばれる「モリンガ」の植林を応援していただきました。この樹種は2015年12月から試験的に植林をしてきて現在まで累計で2500本植林しております。この木はマメ科の植物で窒素を固定してくれすでに植林しているチークの成長にもいい影響を与えてくれるのではないかと考え、チークの植林地の間にも植林を行って参ります。今回のボランティアの皆さんに植林地の間にモリンガを植えていただきました。

今後1年以内に2mほどに育ち、開花結実しますので、葉っぱの収穫や種の収穫につなげて地元民の収入機会に繋がるように育てて行きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2016年12月13日モリンガの樹間植林
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2016年12月チークの樹間にモリンガを植える
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2016年12月モリンガの小さな苗をうえる
PLAZA CREATE Digital Camera
2016年1月に植えたモリンガの2016年9月の状況です。高さ2mに育ち実もつけていました。この調子で育てば地元の皆さんの新しい収入機会に繋が得られると考えています。

未来への希望の木を植える③

12月11日バリ植林祭を終わって夕方ウブドに移動しました。翌日の11時の飛行機でバリックパパン市への直行便で移動しました。

第二次世界大戦のときに原油確保の為に進行し、結果15,000名もの皆さんが生命を亡くされた街です。その皆様の御霊を慰霊するために「南方戦没者慰霊碑」があります。

この土地を訪れた時は基本的には訪問するようにしています。この慰霊碑の前の海岸線が浸食されているので過去に2度マングローブの苗を植林しましたが、流されてしまい失敗しています。

今回は植林をしないで参拝をしただけでした。今度は寄付金が集まり次第、この地にあるマングローブセンターの指導を受けて実行したいと考えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参拝を終えて車でオランウータンのリハビリセンターのあるサンボジャというところに移動しました。このには「サンボジャロッジ」という宿泊施設があり、センターへの寄付も含まれているために宿泊費用が高いですが、皆さんにいい施設だと好評をいただいていますimg-502153158-0001翌日、オランウータンアイランドで保護されているオランウータンの状況を見て、そのあと「オランウータンの森づくり」植林を皆さんと一緒に取り組みました、オランウータンと私たち人類の未来の希望の植林です。

dsc07848

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

dsc07885 dsc07918 dsc08011

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

未来への希望の木を植える その②

12月11日は昨年に続いて火山礫だけの土地への植林を行いました。昨年でこのような厳しい環境での植林はしないような話でした。しかし、昨年のわれわれの行った植林がたいへん成績が良かった(90%以上の活着)ことで方針が変わったらしい。

引き続きバツゥール山の山麓まで30㎞のラフロードの両サイド20m(=40mの幅)余りの植林をやってほしいということになった。このような土のないクレーターのようなところで植林で根付かせることは普通の考えでは植林することは困難です。植林の専門家であっても躊躇するような環境だと言えます。

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%aa%e6%a4%8d%e6%9e%97%e5%9c%b0

植物が育つためには、雨と太陽と大地が必要ですが、その大地の土の状態で生育が多く左右されます。この大地には「土」が皆無で火山礫だけでそこの生えている植物といえるものはほとんどなくわずかに岩にへばりついているコケ類がすこししかなかった。自分の経験の中にもこんな厳しい対象地はなかった。

どうしようかと考えた「乾期」の乾燥を防ぐために植穴の周りに肥料効果のある植物の種を、その一部は粘土団子で仕上げた種をまいた。予想以上によくこの植物がそだって植林した苗木の保護に役立ったようです。一昨年の12月、2月、4月、6月、9月と気になった現場をのぞいてきました。元気で育っている状況をみて安堵して帰るということを繰り返してきました。2016年12月の植林祭のためにこの土地を再び訪問して元気に育ってくれている姿を見てただただ「感謝」の気持ちでした。このに植林した木々は周りの自然に、神様に守られているということを感じさせられました。

dsc07747dsc07742

このような夢のような成果を見ることが出来て、この植林に参加してくれた大学生たちも今年も笑顔で参加してくれよかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

過去には被災したままで160年余りも放置されてきた火山爆発被災地が私たちの「植林」で緑を回復し、やがては本来の緑豊かな土地に再生することをねがって次の植林、東カリマンタンの熱帯雨林再生のための植林に移動しました。

dsc07755

未来への希望の木を植える その①

12月9日から15日まで、NPOアジア植林友好協会の主催するインドネシア植林体験ボランティアツアーを行いました。

今回は4種類の目的の違う植林を実行していただきました。

①バリの「ジオパーク」の整備のための植林 

これは、ジオパーク内で違法に農業を営む人たちと共存できる環境づくりのための植林です。火山爆発で被災した土地のなかで小さな面積でも農業をできるようにして農民の人が公的な土地に入植して生活をしています。

この状態をできる限り狭めて、公的な施設=キャンプ場の拡充を目的にして、農地の間や谷の間など足場の悪い中を「地場の樹種アンププ」を植林しました。朝8時から始めましたが9時ごろから雨が降り始め10時過ぎには厳しい降り方となりましたが、ずぶぬれになりながらみなさん熱心に取り組んでくれました。

日本からのボランティア参加者9名、現地大学STIBの学生20名、地元国立キンタマニー第一高校の日本語コースの学生100名地元の農家の人達30名で2000本を植林しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

dsc07485 dsc07507 dsc07525 dsc07557 dsc07590 dsc07546 dsc07619 dsc07490 dsc07502

モロタイ島で考えたこと

寄付による植林活動をNPOアジア植林友好協会という団体で2002年から続けていますが、

日本にただ一人(?)12間住んでいるモロタイ島出身のアバス君と2年前に出会い、彼の故郷モロタイ島の人達の為になる植林を始めることになりました。

約50%は国土緑化推進機構の助成、残りは自己資金と一般の寄付により進めます。見通しは厳しいですがモロタイ島の人達の為になるプロジェクトだと考えているので是非とも成功させたいと願っています。

ご存知の方もおられるかと思いますが、第二次世界大戦のとき南の方から連合軍が進行し、フィリピン攻撃の時に拠点にしたのがモロタイ島です。

この島から中村輝夫さんという日本名の台湾の高砂族出身で日本兵として出兵、終戦後もジャングルのひそんで30年あまり、不屈の精神で生きた方がおられました。

中村さんはモロタイの島の地元で尊敬できる日本兵の鏡として迎えられて、銅像も建てられています。

その地域は名前が「NAKAMURA」という名前が付けられています。その奥地が今回の植林対象地です。このあたりは大きな木は切りはらわれてそのあと利用されていない土地です。ここで地元の人々の生活に役立つ植林を行います。

植林にほとんどなれていない地元の人達と順調に進められるか少し心配な点がありますが、仕事がほとんどない地域の人達は大変やる気を出して取り組んでくれていて有難いと思っています。

ここで目指す植林は、CSV植林です。環境保全のための植林と新しい社会的な価値の創造を目指しています。地元の人たちの持続的な生計手段を作り出す植林

PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera

を目指しています。

先人が残してくれた友好な関係を一層進めて世界平和に貢献できる植林プロジェクトにしたいと願っています。

誇りある多くの日本人の皆さんの支援を願っています。http://www.agfn.org

世界は日本人をどのように見ているのか?

植林とハチドリの一滴

南米には、アマゾンの山火事に、一滴(ひとしずく)の水を   懸命に運んで火を消そうとしたというハチドリの民話があるそうです。

「森の生き物は、われ先にと逃げてゆきました。 

そんな中で、一匹のハチドリだけは、行ったり来たりして、小さな口ばしで水のしずくを一滴づつ運んでは炎の上に落としていきます。

他のカラダの大きな動物たちがそれを見て

「そんな事をして、いったい何になるんだ」「焼け石に水」と言って笑います。

それに答えて

「私にできることはこれだけです」とハチドリは言ったそうです。」

私たち人類も地球温暖化がいかに解決困難であろうとも未来世代に付けを残さないためにも、

ハチドリのように「一人ひとり自分にできる事をやること」が大切だと思います。

私たち人間ができることは小さなことですが、植えた木は確実に育ち続けてくれ次世代に引き継ぐことが出来ます。

https://readyfor.jp/projects/orangutan

BOS 山火事

行動しないと手遅れになる

地球の未来はあなたの今の行動が決める

https://vpoint.jp/column/67411.html

■状況は「待ったなしの状況」なのに
産業革命以後の急速な地球環境の劣化を懸念して、1988年に国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)により設立された「IPCC」は人類の行動を起源とする「気候変化、影響、適応及び緩和方策」について、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行うことを目的として設立されている。

以来、5~6年ごとに各国政府を通じて推薦された科学者が参加し、気候変動に関する科学研究から得られた最新の知見を評価し、評価報告書(assessment report)にまとめて公表します。第5次報告は日本からも10人の科学者が参加して2014年11月に行われている。

2015年12月にパリ開催の国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で世界の気温上昇を2度未満に抑えるための取り組みに合意し、パリ協定を採択された。
世界196カ国の国・地域がすべて、温室効果ガス削減を約束するのは初めてである。その意味では大変すばらしい成果であるが、合意の要旨は、

  • 温室効果ガス排出量が速やかにピークに達して減り始めるようにする
  • 今世紀後半には温室効果ガスの排出源と吸収源の均衡を達成する
  • 森林・土壌・海洋が自然に吸収できる量にまで、排出量を2050~2100年の間に減らしていく
  • 地球の気温上昇を2度より「かなり低く」抑え、1.5度未満に抑えるための取り組みを推進する
  • 5年ごとに進展を点検

至極当然の内容であるが、ここまで切羽詰まった状況と思われる中でも、具体的な行動プランがないことは誠に残念で大きな懸念材料である。
地球温暖化というさまざまな利害が交錯する課題を全会一致で合意することはかなりの困難を伴う。残念ながら、一方で実際社会では明らかな温暖化要因であっても社会が排除できないような環境にある。
このような状況が続けば合意のできないまま時間切れで物理的に取り返しのつかない地球環境になってしまうことは避けられないであろうことは明白である。

■早く対策をとらないと手遅れになる
2016年4月22日の「地球の日」に国連本部でフランスのパリで2015年12月に採択された地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」の署名式が、アメリカ・ニューヨークの国連本部で170以上の国と地域の首脳らの参加のもとで開かれた。

https://vpoint.jp/column/67411.html

「森の人」オランウータンを救い、人類の未来環境を創造しよう!

https://readyfor.jp/project/orangutan2016.6BOSF52016.6BOSF2

お金が食べることは出来ない~ネイティブアメリカンの教え~

自然との共存、母なる地球とのつながり

「バランスと調和を大切にして暮らす、地球の上をそっと歩くように」

ヨーロッパに人たちがアメリカ大陸にやってくる前は120万人から1200万人の     ネイティブアメリカンの人達が暮らしていた。しかし、暴力による虐殺や、ヨーロッパから  もたらされた感染症によって死亡し、または奴隷になり、自殺者も出て25万に減少してしまいました。

有史以来のもっとも破壊的な行為、悲劇に注目する人は少ないようです。なぜでしょうか?虐殺と共に彼らの価値観や精神も抹殺されてしまいました。

彼らの価値観の基本は「地球、自然との調和、共生」があります。そのような価値観のあるネイティブアメリカンが今日までもっとたくさん生きていたら、今日のような危機的な状況の地球にはならなかったといえます。

「最後の木が枯れて、BOS 山火事

川が汚染され、

最後の魚が釣りあげられてはじめて、

人間はお金をたべることができないことに気が付くものだ」

~Cree Indianの言葉~

1996年からオランウータンの保護支援の活動をしてきましたが、彼らの生き方もネイティブアメリカンの思想と同じだと感じています。そして、かれらも今、人類の経済活動により絶滅の危機に追い詰められています。

そんな彼らの保護施設が周辺からの類焼で300ha(東京ドーム60個あまり)森林火災の被害を受けました。この土地にわたしたち人間が木を植えて回復を促進しない限り300年400年という時間がかかってしまいます。

この土地に植林をして回復を目指すプロジェクトをNPOボルネオオランウータンサバイバルファウンデーション(BOS日本)では、今年1月から始めていますが、まだまだ資金が不足しています。

このたびNPOやNGOの資金集めのプラットフォームReadyforでプロジェクトを立ち上げて本日(6月21日AM10:00~)から募金を始めます。ぜひともご支援をお願いしす。  ※この募金は7月末までに目標金額に達しない場合はカード決済は行われません。 images (11) images (9)

https://readyfor.jp/projects/orangutan

もう言い訳をしている暇はない

私たちの生活が地球上のCO2を増やす役割を果たしています。あなたが無意識に呼吸をするだけでも1年間に320kgの二酸化炭素を放出しています。

自動車に乗っている人達は年間約2,300kgの二酸化炭素を出し続けています。一世帯平均の年間排出量は6,500kgです。

みんな排出し続けています。普通ならその対策を考える必要はないのですが、今、地球環境は私たち人間の活動により植物や海が吸収してくれる量を大幅に超えていて、温暖化と気候変動を招いています。いまでは、もう待ったなしの状況です。

私たちにできる対策で一番コストが安く効果的で参加する「心」があればだれでも参加できる方法は、「成長性にすぐれた樹木を植林すること」です。

モリンガCO2

次世代に少しでもCO2の少ない安定した気候の地球を引き継ぎたいという「こころ」ある方は地球に木を植える「植林活動にご参加を!」 http://www.vivo.co.jp

地球環境を守る=奇跡の樹~モリンガを植える

最近耳にするようになった「モリンガ」は、日本では「西洋わさびの木」といわれていて、「ワサビノキ科モリンガ属」の樹木です。世界最古の伝統医学「アユルヴェーダ」でも様々に活用されてきています。葉は野菜のように食用にしたり、お茶に加工したり、粉末や錠剤にしたりして食品として活用されています。

様々な有効な成分がバランスよく入っていて開発途上国では乳幼児の母乳代わりにも使われています。国連のWHOでも「緑のミルク」として慢性的に栄養不足に悩む開発途上国での植樹を推奨しています。

莢状の実を付けますが、インドネシアの方にお聞きしたところとても「おいしい」そうです。そして、また、種やオイルに含まれるタンパク質には、大気汚染物質を引き寄せて固める働きがあります。この働きによって、水質浄化にも使われています。種の油脂成分は化粧品やシャンプーの原料にも使われています。

そのうえ、一般の植物に比べて成長が早く20倍近くの二酸化炭素を吸収する働きがあります。ですから、増え続ける二酸化炭素を吸収してくれ、地球温暖化防止ににも大きな貢献が期待されていて、「奇跡の木」なのです。

モリンガは、マメ科の植物で荒れた乾燥地帯や過酷な環境でも育つ植物のため、環境保全を目的に世界各地で植林活動が行われています。

わたしたち人間の呼吸で排出する二酸化炭素は、年間約320kgです。一般のたとえば杉の木であれば植林から10年以上の木が約23本必要になりますが、モリンガは植林から2年以上の木が2本ですみます。

地球温暖化が日々進行して、世界各地で気象災害が発生して危機的に状況にある「地球」のあちこちにモリンガの植林を進めることでCO2の吸収や大気の浄化、土壌の保全などが低コストで進められます。しかも、多くの住民参加ができるまさにミラクルツリーです。

危機的な状況の地球環境保全のためのモリンガの植林をこれから一層進めて行きたいと願っています。そのうえ温暖化による気候変動で懸念される食糧不足にも対応できる素晴らしい樹種との出会いに感謝です。

PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera