モロタイ島で考えたこと

寄付による植林活動をNPOアジア植林友好協会という団体で2002年から続けていますが、

日本にただ一人(?)12間住んでいるモロタイ島出身のアバス君と2年前に出会い、彼の故郷モロタイ島の人達の為になる植林を始めることになりました。

約50%は国土緑化推進機構の助成、残りは自己資金と一般の寄付により進めます。見通しは厳しいですがモロタイ島の人達の為になるプロジェクトだと考えているので是非とも成功させたいと願っています。

ご存知の方もおられるかと思いますが、第二次世界大戦のとき南の方から連合軍が進行し、フィリピン攻撃の時に拠点にしたのがモロタイ島です。

この島から中村輝夫さんという日本名の台湾の高砂族出身で日本兵として出兵、終戦後もジャングルのひそんで30年あまり、不屈の精神で生きた方がおられました。

中村さんはモロタイの島の地元で尊敬できる日本兵の鏡として迎えられて、銅像も建てられています。

その地域は名前が「NAKAMURA」という名前が付けられています。その奥地が今回の植林対象地です。このあたりは大きな木は切りはらわれてそのあと利用されていない土地です。ここで地元の人々の生活に役立つ植林を行います。

植林にほとんどなれていない地元の人達と順調に進められるか少し心配な点がありますが、仕事がほとんどない地域の人達は大変やる気を出して取り組んでくれていて有難いと思っています。

ここで目指す植林は、CSV植林です。環境保全のための植林と新しい社会的な価値の創造を目指しています。地元の人たちの持続的な生計手段を作り出す植林

PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera

を目指しています。

先人が残してくれた友好な関係を一層進めて世界平和に貢献できる植林プロジェクトにしたいと願っています。

誇りある多くの日本人の皆さんの支援を願っています。http://www.agfn.org

世界は日本人をどのように見ているのか?

コメントを残す