行動しないと手遅れになる

地球の未来はあなたの今の行動が決める

https://vpoint.jp/column/67411.html

■状況は「待ったなしの状況」なのに
産業革命以後の急速な地球環境の劣化を懸念して、1988年に国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)により設立された「IPCC」は人類の行動を起源とする「気候変化、影響、適応及び緩和方策」について、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行うことを目的として設立されている。

以来、5~6年ごとに各国政府を通じて推薦された科学者が参加し、気候変動に関する科学研究から得られた最新の知見を評価し、評価報告書(assessment report)にまとめて公表します。第5次報告は日本からも10人の科学者が参加して2014年11月に行われている。

2015年12月にパリ開催の国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で世界の気温上昇を2度未満に抑えるための取り組みに合意し、パリ協定を採択された。
世界196カ国の国・地域がすべて、温室効果ガス削減を約束するのは初めてである。その意味では大変すばらしい成果であるが、合意の要旨は、

  • 温室効果ガス排出量が速やかにピークに達して減り始めるようにする
  • 今世紀後半には温室効果ガスの排出源と吸収源の均衡を達成する
  • 森林・土壌・海洋が自然に吸収できる量にまで、排出量を2050~2100年の間に減らしていく
  • 地球の気温上昇を2度より「かなり低く」抑え、1.5度未満に抑えるための取り組みを推進する
  • 5年ごとに進展を点検

至極当然の内容であるが、ここまで切羽詰まった状況と思われる中でも、具体的な行動プランがないことは誠に残念で大きな懸念材料である。
地球温暖化というさまざまな利害が交錯する課題を全会一致で合意することはかなりの困難を伴う。残念ながら、一方で実際社会では明らかな温暖化要因であっても社会が排除できないような環境にある。
このような状況が続けば合意のできないまま時間切れで物理的に取り返しのつかない地球環境になってしまうことは避けられないであろうことは明白である。

■早く対策をとらないと手遅れになる
2016年4月22日の「地球の日」に国連本部でフランスのパリで2015年12月に採択された地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」の署名式が、アメリカ・ニューヨークの国連本部で170以上の国と地域の首脳らの参加のもとで開かれた。

https://vpoint.jp/column/67411.html

「森の人」オランウータンを救い、人類の未来環境を創造しよう!

https://readyfor.jp/project/orangutan2016.6BOSF52016.6BOSF2

コメントを残す