お金が食べることは出来ない~ネイティブアメリカンの教え~

自然との共存、母なる地球とのつながり

「バランスと調和を大切にして暮らす、地球の上をそっと歩くように」

ヨーロッパに人たちがアメリカ大陸にやってくる前は120万人から1200万人の     ネイティブアメリカンの人達が暮らしていた。しかし、暴力による虐殺や、ヨーロッパから  もたらされた感染症によって死亡し、または奴隷になり、自殺者も出て25万に減少してしまいました。

有史以来のもっとも破壊的な行為、悲劇に注目する人は少ないようです。なぜでしょうか?虐殺と共に彼らの価値観や精神も抹殺されてしまいました。

彼らの価値観の基本は「地球、自然との調和、共生」があります。そのような価値観のあるネイティブアメリカンが今日までもっとたくさん生きていたら、今日のような危機的な状況の地球にはならなかったといえます。

「最後の木が枯れて、BOS 山火事

川が汚染され、

最後の魚が釣りあげられてはじめて、

人間はお金をたべることができないことに気が付くものだ」

~Cree Indianの言葉~

1996年からオランウータンの保護支援の活動をしてきましたが、彼らの生き方もネイティブアメリカンの思想と同じだと感じています。そして、かれらも今、人類の経済活動により絶滅の危機に追い詰められています。

そんな彼らの保護施設が周辺からの類焼で300ha(東京ドーム60個あまり)森林火災の被害を受けました。この土地にわたしたち人間が木を植えて回復を促進しない限り300年400年という時間がかかってしまいます。

この土地に植林をして回復を目指すプロジェクトをNPOボルネオオランウータンサバイバルファウンデーション(BOS日本)では、今年1月から始めていますが、まだまだ資金が不足しています。

このたびNPOやNGOの資金集めのプラットフォームReadyforでプロジェクトを立ち上げて本日(6月21日AM10:00~)から募金を始めます。ぜひともご支援をお願いしす。  ※この募金は7月末までに目標金額に達しない場合はカード決済は行われません。 images (11) images (9)

https://readyfor.jp/projects/orangutan

コメントを残す