地球環境を守る=奇跡の樹~モリンガを植える

最近耳にするようになった「モリンガ」は、日本では「西洋わさびの木」といわれていて、「ワサビノキ科モリンガ属」の樹木です。世界最古の伝統医学「アユルヴェーダ」でも様々に活用されてきています。葉は野菜のように食用にしたり、お茶に加工したり、粉末や錠剤にしたりして食品として活用されています。

様々な有効な成分がバランスよく入っていて開発途上国では乳幼児の母乳代わりにも使われています。国連のWHOでも「緑のミルク」として慢性的に栄養不足に悩む開発途上国での植樹を推奨しています。

莢状の実を付けますが、インドネシアの方にお聞きしたところとても「おいしい」そうです。そして、また、種やオイルに含まれるタンパク質には、大気汚染物質を引き寄せて固める働きがあります。この働きによって、水質浄化にも使われています。種の油脂成分は化粧品やシャンプーの原料にも使われています。

そのうえ、一般の植物に比べて成長が早く20倍近くの二酸化炭素を吸収する働きがあります。ですから、増え続ける二酸化炭素を吸収してくれ、地球温暖化防止ににも大きな貢献が期待されていて、「奇跡の木」なのです。

モリンガは、マメ科の植物で荒れた乾燥地帯や過酷な環境でも育つ植物のため、環境保全を目的に世界各地で植林活動が行われています。

わたしたち人間の呼吸で排出する二酸化炭素は、年間約320kgです。一般のたとえば杉の木であれば植林から10年以上の木が約23本必要になりますが、モリンガは植林から2年以上の木が2本ですみます。

地球温暖化が日々進行して、世界各地で気象災害が発生して危機的に状況にある「地球」のあちこちにモリンガの植林を進めることでCO2の吸収や大気の浄化、土壌の保全などが低コストで進められます。しかも、多くの住民参加ができるまさにミラクルツリーです。

危機的な状況の地球環境保全のためのモリンガの植林をこれから一層進めて行きたいと願っています。そのうえ温暖化による気候変動で懸念される食糧不足にも対応できる素晴らしい樹種との出会いに感謝です。

PLAZA CREATE Digital Camera
PLAZA CREATE Digital Camera

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です